飼育員を避けていたゴリラが抱えていた、驚きのものとは?

何かを隠しておく

ゴリラの飼育員は、ゴリラのボボが突然非常に奇妙な行動を取り始めるまで、ボボの行動と習慣によく精通していると思っていました。しかし、彼はその時、本来の動きをしていませんでした。彼は以前のように他のゴリラと交流することもなく、飼育係は彼の何が悪いのか、全く見当がつかなかったのです。飼育員たちにできたのは、彼が何をしているのかを理解するために、彼をしっかり見張ることだけでした。

Advertisements
Advertisements

ボボに近づきすぎないようにするために、彼らは、遠くからボボが巨大な足で何を持っているかを見るためのユニークな方法を考案しようとしました。そして彼らが何が起こっているのかを理解したとき、驚きを隠せなかったことは言うまでもありません:彼らは、類人猿がこれまでにこのようなことをするのを見たことがありませんでした。それはゴリラにとっては奇妙な行動でした。ボボの行動は、他のゴリラと比較しても異常でした。さて、ボボは何を手に持っているのでしょうか?

Advertisements
Advertisements