胸焼けを和らげる方法は?

胃にもたれる食事、辛いものを食べた後は、胃がついてこないことがあります。このような場合、私たちは痛み、胸焼け、あるいは胃酸の逆流を感じることがあります。この感覚は非常に不快で、痛みを伴うこともありますが、どのようにして和らげることができるのでしょうか。ここでは、いくつかの自然なヒントをご紹介します。

Advertisements
Advertisements

胸焼けの原因は何か?

重い食事や辛すぎる食事以外にも、胃が痛くなる原因はあります。例えば、太っていると、胃の圧力が高くなります。これは胃酸の逆流を促進することになります。また、ストレスや疲労も胃酸の分泌を増やし、消化を妨げます。

また、コーヒー、タバコ、アルコールも胃の粘膜に悪影響を及ぼします。これが胸焼けの原因となることがあります。さらに、偏った食生活をしている人も胸焼けを起こしやすいです。食生活が乱れると、消化酵素の働きが弱まり、胃の粘膜の健康が損なわれます。

胸焼けを和らげるための自然療法は?

フェンネル

フェンネルは胃酸を和らげることで知られています。さらに、この種子は膨満感を和らげ、消化機能を向上させます。フェンネルは、食べ過ぎてしまったときにも使えます。150mlの熱湯に1〜3gのフェンネルシードを5〜10分間浸します。その後、漉して1日1〜2杯を食事の時以外に飲みます。この方法は、6歳から使用できます。

アロエベラ

フェンネルの他にも、アロエベラも胸焼けに効果的な薬草です。実際、アロエベラには治癒力と修復力があります。これにより、酸味や胃へのダメージに対抗することができます。胃の痛みを和らげるためには、アロエベラを飲みやすいジェル状にして摂取するとよいでしょう。2週間を目安に、朝晩、食事以外の時間に大さじ2杯を摂取します。

バジル

バジルは、抗ストレス、抗痙攣の効果で知られる植物です。バジルは、胃炎や潰瘍の治療にとても効果的です。実際、バジルは胸焼けの2つの主な原因である消化不良とストレスに働きかけます。そのためには、バジルのエッセンシャルオイルに植物油を加えたもので胃をマッサージします。マッサージは、寝る数分前に行うのが理想的です。その際、深呼吸を忘れずに。

Advertisements
Advertisements