よく寝ると痩せやすい?

「余分な体重を減らすには、よく眠ればいいんだよ」と言われたら、あなたはどう反応しますか?はい、それが可能なんです。よく眠ることがダイエットに大きく貢献するという研究結果があります。しかし、この目標を達成するためには、よく眠る方法を知っておく必要があります。ここでは、そのためのヒントやアドバイスをご紹介します。

Advertisements
Advertisements

よく眠るためには、横になっているときに部屋に入ってくる光を弱くすることです。メラトニンの分泌を促すためには、真っ暗闇の中で眠るのがよいでしょう。メラトニンは実際に、私たちがよく眠り、カロリーを消費するのを助けるホルモンです。

寝室が自然光にさらされている場合は、カーテンやブラインドを設置して、自然光が入らないようにするか、少なくとも薄暗くするようにしましょう。また、ブルーライトを発する機器(スマートフォン、テレビ、パソコンなど)はすべてスタンバイ状態にして、ベッドから離して置くことをお勧めします。

温度

私たちの体は、常に高い体温を維持するために働いています。そのためにはエネルギーを消費しなければならず、カロリーを消費します。そのためには、寝ている間にもエネルギーを消費できるようにしておくことが理想的です。

そのためには、寝室を涼しくすることが大切です。そのためには、サーモスタットやエアコンの温度を1〜2度下げるのが効果的です。そうすれば、最大で100キロカロリーを余分に消費することができます。また、裸で寝るのも変わった方法ですが、効果的な解決策です。

夜更かしをしない

遅くまで寝ていると、睡眠時間を数時間増やすことができますが、それは避けるべきです。確かに、寝る時間を長くすれば、より元気に快適に過ごせます。しかし、体重を減らして早く目標を達成したい場合には、これはあまり理想的ではありません。

実際、睡眠時間を延ばすと、睡眠パターンのバランスが崩れてしまいます。睡眠時間を延ばすと、睡眠パターンが乱れ、同時に食事の回数も乱れます(朝食を抜いていきなり昼食を食べる、など)。そうすると体が錯覚し、食事が遅くなる可能性を防ぐために余分なカロリーを蓄えてしまうことがあります。

より良い睡眠をとるためのヒントです。定期的な運動や健康的なライフスタイルと合わせて、これらの習慣はあなたの人生を大きく変えることができるでしょう。もう躊躇うことはありませんね。

Advertisements
Advertisements