低血圧:正しい対処法

低血圧は心臓血管系にとって危険ではありませんが、低血圧に苦しむと不快な状況を引き起こす可能性があります。実際、低血圧に苦しむと、意識の喪失、頭痛、かすみ目、めまい、不眠症、倦怠感などの多くの症状を引き起こす可能性があります。しかし、これらが低血圧の症状である場合、それらを緩和して治療するために何ができるでしょうか?

Advertisements
Advertisements

水:最高の味方

このような状況では、水が一番の味方です。実際、液体を摂取すると、血液の量を増やすことができます。その液体にナトリウムが含まれていれば、その効果は倍増します。ですから、脱水症状にならないように、定期的に水を飲むようにしてください。同時に、アルコールは血管をさらに拡張させ、圧力の低下を引き起こすため、避けてください。加えて、脱水症状をさらに悪化させる可能性があります。

塩:素早く回復するために

水分に加えて、塩分も低血圧から早く回復するための魔法の材料です。塩は高血圧の原因となるので、低血圧の人の血圧をすぐに上げることができます。そのためには、料理にたっぷりと塩を加えます。ただし、やりすぎには注意が必要です。塩分の過剰摂取は、長期的には動脈を詰まらせたり、水を溜めたりする原因となります。

果物と野菜

野菜や果物を食べることも低血圧対策に役立ちますが、ただの野菜や果物ではありません。例えば、ビートルートやニンジンは、糖分、ビタミン、タンパク質を多く含んでいます。これは血圧を調整するのに役立ちます。これらを空腹時にジュースの形で、朝か夜に飲むといいでしょう。ビートルート以外では、豆類も低血圧の改善に有効です。豆類にはビタミンBが豊富に含まれており、血圧を上げる効果があります。

休息と適度な運動

最後に、低血圧に悩まされているときは、休息をとることが何よりも大切です。低血圧になると、しばしばひどい疲労感に襲われます。したがって、この場合、最もシンプルで効果的な解決策は休息です。ですから、昼寝をしたり、長く眠ったりしましょう。同時に、低血圧が引き起こす不快感を避けるために、ストレッチも行うべきです。起き上がる前にストレッチをしたり、足をマッサージしたり、足の指をくねらせたりしましょう。また、定期的に適度な運動をして、血液の循環を良くしましょう。

Advertisements
Advertisements