バナナを毎日2〜3本食べるとどうなるのか

バナナは1年中どの季節にも存在する果物です。「フルーツが食べたいけど、どの季節のフルーツがいいのかわからない」という時の心強い味方とも言えます。しかし、毎日バナナを食べるのは健康的でしょうか?バナナは健康的な食事の一部であるべきでしょうか?毎日2~3本のバナナを食べるとどうなるかというと、次のようになります。

Advertisements
Advertisements

エネルギーを得られる

バナナは高エネルギーの果物です。研究によると、このフルーツはエナジードリンクと同じ量のエネルギーを提供します。エナジードリンクとの違いは、栄養素も豊富に含まれているので、健康にも良いということです。アスリートであれば、毎日2〜3本のバナナを食べることで、筋肉痛を防ぐことができるはずです。また、カリウムが豊富に含まれているので、疲労回復も早くなります。

消化器系の健康状態が良くなる

また、バナナは食物繊維が非常に豊富であることも知っておいてください。1日2〜3本のバナナを食べれば、消化のリズムを整えてくれます。同時に、バナナには満腹感を高める効果もあります。そのため、1日に2〜3本のバナナを食べれば、食間の間食を避けることができます。最後に、適量のバナナで、便秘の悩みにさよならしましょう!

体重が減る

ダイエット中の方は、バナナが強い味方になってくれます。また、バナナには、体内の毒素を排出する役割を持つペクチンが豊富に含まれています。1日に2〜3本のバナナを食べれば、細胞に吸収される脂肪の量を抑えることができます。これは体重を減らすのに大いに役立ちます。しかし、この美徳の恩恵を受けるためには、きちんとした食生活を送る必要があります。

循環器系の健康状態が良くなる

食物繊維が豊富な食品は、心臓にも良いとされています。また、カリウムは血圧の維持にも役立ちます。しかし、バナナには食物繊維とカリウムの両方が含まれています。1日に2〜3本のバナナを食べることで、血圧を調整し、動脈瘤や心筋梗塞などの様々な心血管疾患から守ることができます。

気分が良くなる

1日に2〜3本のバナナを食べると、気分がよくなります。実は、バナナにはマグネシウムが豊富に含まれています。マグネシウムは、不安やストレスと戦い、気分を高めるために不可欠なミネラルです。だから、ちょっとブルーになったり、落ち込んだりしたときは、バナナを食べると良いのです。さらに、快眠にも貢献しています。この果物が、これほどまでに人生を変えるとは誰が想像したでしょうか。

Advertisements
Advertisements