妊娠中に食べるべき食品トップ3

妊娠中は、食事の内容に二重の注意を払わなければなりません。実際、母親が食べたものはへその緒を通って赤ちゃんに直接届くため、赤ちゃんに良い影響(または悪い影響)を与える可能性があります。この意味で、お腹の赤ちゃんだけでなく、お母さんの健康のためにも、妊娠中に食べるべきものがあります。それは何でしょうか?

Advertisements
Advertisements

果物と野菜

ご存知の通り、果物と野菜は最高の健康食品です。妊娠していてもしていなくても、野菜や果物を食べると健康になります。ですから、妊娠中に果物や野菜を食べると、お腹の赤ちゃんが健康に育つために必要な栄養を摂取することができます。

果物や野菜には、食物繊維、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質が豊富に含まれています。これにより、あなたと赤ちゃんの両方にエネルギーを与えることができます。これらの成分は、果物や野菜を新鮮な状態で食べることでより重要になります。例えば、野菜の前菜、小さな果物のおやつ、夕食に野菜スープを作るとよいでしょう。

牛乳と乳製品

胎児の成長を助けるためにも、この食品カテゴリーは重要です。牛乳や乳製品には、赤ちゃんの骨格を形成するのに必要なカルシウムが豊富に含まれています。実際に、1日に150mlの牛乳を飲むと、赤ちゃんが大人になってからの身長が伸びるという研究結果もあります。

このアドバイスを忠実に実行するためには、母親になる人は1日に3〜4種類の乳製品と毎日コップ1杯の牛乳を摂取する必要があります。ただし、柔らかいチーズやブルームチーズは摂取しないように注意してください。これらは、適切に調理されていない場合、赤ちゃんの健康に害を及ぼす可能性があります。

ナッツ類とココア

ナッツ類とココアは、マグネシウムを豊富に含む食品です。マグネシウムは、赤ちゃんの細胞の増殖に欠かせないものとして知られています。実際に、マグネシウムは赤ちゃんの神経、心臓、筋肉の細胞に直接作用します。したがって、女性が妊娠すると、より多くのマグネシウムが必要になります。

そのため、妊娠中の女性は、1日に400mg程度のマグネシウムを摂取する必要があります。ココア、ナッツ、ダークチョコレート、緑黄色野菜、アーモンド、レンズ豆など、マグネシウムが豊富に含まれている食品を選ぶとよいでしょう。また、穀類にもマグネシウムが豊富に含まれています。妊娠中の女性は、これらを自由に摂取することができます。

Advertisements
Advertisements