ストレスに対抗するための食品

ストレスが体に悪いことは周知の事実です。しかし、どうすればいいのかわからないこともあります。ストレスを溜めないように、考えすぎないように、などと言われますが、なかなか難しいものです。しかし、ストレスに対抗するのに役立つ食べ物があるとしたらどうでしょう?はい、あります。でも、それって何?ここでは、ストレスが溜まりすぎているときに食べてほしい食べ物を紹介します。

Advertisements
Advertisements

チョコレート

チョコレートは、昔から抗ストレス食品として知られています。しかし、それはなぜでしょうか?チョコレート、特にダークチョコレートにはカカオが豊富に含まれています。カカオは、脳内のエンドルフィンの放出を促進します。エンドルフィンは喜びのホルモンです。また、カカオには体内のコルチゾールレベルを低下させる作用があります。コルチゾールは、ストレスホルモンの一種です。

つまり、ダークチョコレートを食べると、血圧を下げると同時に、ストレスを解消することができるのです。  これ以上のものはありません。ただし、ダークチョコレートはどちらかというと脂肪分の多い食品なので、大量に摂取することは避けた方がいいでしょう。ダークチョコレートを適度に食べるとは、1日に3〜4片を食べることです。これで十二分に落ち着き、リラックスすることができるはずです。

紅茶

ここ数日ストレスフルな状況に置かれている人は、1日4杯の紅茶を飲むことで、乗り切ることができるかもしれません。紅茶は、体内のコルチゾールレベルを大幅に低下させるため、抗ストレス作用があると言われています。さらに、毎日紅茶を飲むことで、日中の気分を向上させることができる。紅茶は私たちをより穏やかに、リラックスさせてくれます。

紅茶には、有効な抗酸化物質であるフラボノイドが豊富に含まれています。この抗酸化物質は、血圧を下げ、様々な循環器系の病気から守るように作用します。紅茶を飲むことで、心臓の健康を保つだけでなく、ストレスやそれに関連するものを拒絶して、良い気分にイエスと言うことになります。

アボカド

アボカドは、カリウムと一価不飽和脂肪酸を豊富に含む果実的野菜です。アボカドは、その成分から、優れた抗ストレスフルーツであると言えます。実際、カリウムは血圧を下げることが知られています。一方、一価不飽和脂肪酸は、うつ病をはじめとするあらゆる種類の神経障害を予防します。アボカドのこの2つの要素は、セロトニンを吸収するのにも適しています。

アボカドを摂取することで、ストレス、不安、うつ症状を抑えることができます。さらに、アボカドは、大量に含まれるビタミン(B9とB5)とミネラルのおかげで、心血管の健康状態を大幅に改善するため、心臓にも良いとされています。ストレスや疲れを感じているときは、アボカドを味方につけるといいでしょう。

Advertisements
Advertisements