なぜ毎日水を飲むのか?

毎日水を飲む必要があるとよく言われます。しかし、なぜそれをしなければならないのかわからないことがよくありますか?水を飲むことは私たちの体と肌にとって有益以上のものです。しかし、もっと明確に言えば、なぜ毎日水を飲む必要があるのでしょうか。これにはいくつかの理由があります。

Advertisements
Advertisements

水は体を浄化するための最良の味方です

水を飲むことで、体内の毒物や代謝物を排出します。尿は95%が水分なので、腎臓を経由してすべての毒素を排出し、健康に必要なミネラルだけを残します。水を飲むと、体の中の尿が新しくなります。そのため、腎機能を正常に働かせるためには、毎日しっかりと水を飲むことが何よりも大切です。

水分:体内の血液量を維持するため

血液の55%が血しょうで、血しょうの90%が水分でできています。要するに、血液は50%は水なのです。血液があるからこそ、筋肉や脳に酸素が供給されることは誰もが知っています。私たちがエネルギーとして必要な栄養素を摂取できるのは、血液のおかげです。しかし、それだけでなく、細胞や臓器が酸素を得たり、二酸化炭素を排出したりするのも血液のおかげです。つまり、十分な血液量を確保するためには、水を飲むことが必要なのです。

水:肌に潤いを与える

他の器官と同様に、皮膚もほとんどが水でできています。お手入れの行き届いていない肌は、日差しや風、寒さなど、さまざまな外的要因の影響を受けやすくなります。その結果、肌は乾燥し、急速に老化していきます。肌を柔らかくしなやかに保ち、保護膜としての役割をきちんと果たすためには、毎日の保湿が何よりも大切です。そのためには、グラス8杯から10杯の水を飲むことが解決策になります。

以上、水の重要な効能を3つご紹介しました。これらの効果を十分に享受するためには、ある種の習慣が必要です。大量の水を不定期に飲んでも、胃が重くなるだけです。水を正しく摂取するためには、1日のうちに少量ずつ飲むことが大切です。

Advertisements
Advertisements