緑茶の健康効果

緑茶は、体への効果が認められている飲料の一つです。実際、日本、中国、韓国などのアジア諸国で最も消費されているお茶であり、欧米でも評価が高まっています。

Advertisements
Advertisements

天然の脂肪燃焼剤

その最大の長所の1つは、明らかにその脂肪燃焼効果です。しかし、それはなぜですか?実際、緑茶はカテキン、より正確には「エピガロ・カテキン・ガレート」(または「EGCG」)が豊富です。

この成分と緑茶の熱発生を高める働きが相まって、体脂肪を減らすことができます。同時に、抗酸化作用により血中コレステロール値を下げる効果もあります。

つまり、緑茶は体内の内臓脂肪に作用するだけでなく、代謝を高めてカロリーの減少を促進し、体重に直接影響を与えるのです!

さまざまな病気の予防効果

多くの研究によって、緑茶が私たちの体に有益な効果をもたらすことが示されています。病気の予防だけでなく、体のバランスを整える効果もあります。

緑茶を日常的に摂取することで、心血管疾患をはじめとする様々な病気から身を守ることができます。心臓発作や脳卒中のリスクを軽減します。

また、血糖値のバランスにも作用するため、糖尿病を予防します。緑茶は腎臓にも利尿作用があります。それとは別に、緑茶は特定の刺激や炎症や胃潰瘍に対して有益な作用があります。しかし、それが望ましい効果を発揮するためには、胃酸の胃への影響を軽減できるように、ミルクと砂糖を加える必要があります。

忘れてはならないのが、記憶に直接影響を与えることです。多くの科学者が、定期的に摂取している人は、記憶する能力が30分から1時間伸びることを示しています。

良い抗うつ薬

また、緑茶は体に良いだけでなく、天然の抗うつ剤としても機能します。

実は、お茶にはアミノ酸の一種であるテアニンが含まれています。テアニンには、代謝を高める効果があります。つまり、肉体的な疲労や精神的なストレスに対抗するための刺激物が含まれているのです。

そのため、幸福感やリラックス効果が得られると同時に、注意力を高めることもできます。そのため、緑茶には気分を高める効果があると言われており、その結果、鬱症状を抑えることができるのです。

気をつけたいデメリット

緑茶には、体や生体に良い影響を与えるものがたくさんあります。しかし、他のものと同様に、欠点があることも忘れてはいけません。

誰もが緑茶を飲めるわけではありません。確かに、緑茶にはコーヒーと同じようにカフェインが含まれているので、妊娠中の女性にはお勧めできません。 禁止されているわけではありませんが、妊娠中の女性はカフェインに敏感になるため、摂取量に注意しなければなりません。

そのため、血中のカフェインが過剰になると、動悸や神経過敏、さらには睡眠障害などを引き起こす可能性があります。また、過剰に摂取した場合は、流産や早産のリスクが高くなります*。

また、鉄分が不足している人は、緑茶の摂取を控えた方がよいでしょう。実際、緑茶に含まれるカテキンは、体内で鉄を吸収する能力を低下させます。そのため、緑茶を過剰に飲むと、鉄欠乏性貧血を発症する可能性があります。

結論

このように、緑茶には多くの美点があることを忘れてはなりません。しかし、賢く利用しなければなりません。適度な量を毎日摂取することで、体重減少を促進し、特定の病気の予防にも効果があります。また、どんなに良いものにも欠点があることを忘れてはなりませんね。

Advertisements
Advertisements