紅茶を毎日飲むとどうなるのか

お茶は、水に次いでもっとも消費される飲み物だと言われています。しかし、さまざまな種類のお茶が存在する中で、紅茶が最も人気のあるもののひとつであることをご存知でしょうか。しかし、私たちの多くは、紅茶は健康に悪いと考えがちです。では、この有名な飲み物はどうでしょうか。紅茶を毎日飲むとどうなるのでしょうか。どうやって飲めばいいのかを以下でご紹介します。

Advertisements
Advertisements

紅茶とは何か、そしてその正しい淹れ方とは?

紅茶は緑茶を酸化させたものです。この酸化によって、茶葉の保存性が高まるのです。その結果、紅茶は他のお茶よりもテアニンの含有量が多いのです。しかし、紅茶の特性、特に味を維持するためには、適切に扱う必要があります。

紅茶を正しく淹れるためには、「方法」「温度」「時間」の3つのポイントをしっかりと考慮する必要があります。

  • 紅茶が熱ショックを受けないように、お湯を別に沸かし、ティーポットとカップに注ぎます。
  • 数分間放置した後、ティーポットからお湯を取り出します。
  • 次に、空のティーポットにお茶を2〜3分間置いてから、お湯を加えます。
  • 5分間かき混ぜずに放置してから、カップ(1行目で述べたお湯を空けたもの)に入れて抽出します。 

紅茶の利点は何ですか?

紅茶が世界中で広く飲まれているのには、非常に具体的な理由があります。主な理由の一つは、健康に有益であるということです。実際、紅茶には心血管疾患との戦いに有効な抗酸化物質が含まれているため、心血管の健康が改善されます。

また、紅茶は関節炎、糖尿病、喘息と戦い、心臓を強化します。また、紅茶は歯の健康や骨の健康にも良い影響を与えると言われています(骨の強化による)。要約すると、紅茶は身体的な健康に大きく役立ちます。

精神面では、紅茶には抗ストレス作用もあります。実際、紅茶にはアミノ酸が含まれており、リラックスして集中することができます。また、新陳代謝を活発にすることで、活力を与えてくれます。したがって、紅茶を定期的に飲めば、ストレスホルモンの量はかなり減少するでしょう。

紅茶の正しい飲み方は?

ご存知の通り、紅茶は心身ともに健康に役立ちます。しかし、その効果を最大限に享受するためには、正しい飲み方を知っておく必要があります。まず、夜に飲むのは不眠の原因になるのでお勧めできません。

日中に飲むのが理想的です。紅茶の保護効果は飲むほどに高まるとはいえ、常に適度に飲むのがよいでしょう。女性の場合は、食事の近くで紅茶を飲むのは避けましょう。これにより、鉄分の吸収不良を防ぐことができます。

不眠症の人は、1日5杯を超えてはいけません。その他の場合、1日あたり最大8杯が許可されます。また、紅茶のカフェインのレベルを下げたい場合は、2〜3分間事前に注入することができます。

Advertisements
Advertisements