空飛ぶ椅子に座って飛行機ほど高く飛んだ男、ラリー・ウォルターズのクレイジーな物語

今までに見た最もクレイジーな夢は何ですか?最もクレイジーな、あるいは最も実現しそうにないアイデアは?不可能を可能にすることを夢見るのは、すべてが魔法のような子供の頃によくすることです。残念ながら、大人になると、誰もが「どうせうまくいかない」という理由で、クレイジーなアイデアや大胆な夢を捨てざるを得なくなります。

そのため、大人になってからは、大きな夢を持つことに大きな壁を作ってしまい、大胆さとは何かという考えを改め、最も基本的なアイデアを大胆だと考えるようになってしまいます。

Advertisements
Advertisements

誰かが「これはおかしい」と言っただけで、どれだけの素晴らしいアイデアやイノベーションが実現しなかったか、考えたことはありますか?もし、ビル・ゲイツがマイクロソフト社の設立を諦めていたら、あるいは宇宙飛行士が月に行くことを諦めていたら、今の私たちの生活はどうなっていたでしょうか。幸いなことに、現在の私たちにとってなくてはならない発明品の多くは、アイデアの段階でそのような批判に耐えてきました。

しかし、不可能の限界に挑戦する人々のすべてのケースがこのように過激なものであるとは限りませんが、だからといってこれらの物語が感動的でないということもありません。例えば、ローレンス・ウォルターズ氏は、批判や冗談を言われても、自分の夢を追求することを決意しました。確かに、彼は頭でっかちになっていましたが、全く気にしていませんでした。彼の大胆な冒険をもっと知りたいと思いませんか?読み進めてみてください。

Advertisements
Advertisements