こちらが、全ての手術を終えた「ヒューマン・ケン」の姿です

「完璧」に見せるために何をしますか?多くの人は、理想の鼻、唇、胸、腹部を実現するためには何でもするし、目標を達成するために手術や侵襲的な処置(そして痛みを伴う回復)を受けることを少しも恐れません。

美容整形の進歩により、外見の小さな「欠点」を修正するための微妙な手術から、急激な変化を求める人の数は増え続けています。また整形に関しては、整形したことを隠したい人と、整形したことを誇りに思う人で意見が分かれます。

Advertisements
Advertisements

ブラジル出身のモデル兼テレビ司会者であるロドリゴ・アウベスは、整形手術への情熱を隠さない人物の一人です。2020年にトランスジェンダー女性であることを事実上カミングアウトしたこの有名人は、どこに行っても、これまでに受けた数十の施術を誇らしげに挙げています。ロドリゴが目指していたのは、人形のように見えることではありませんでしたが、このモデルは体や顔の様々な変形を経て、人々から「ヒューマン・ケン」と呼ばれるほどのシュールな外見を手に入れました。

元司会者の彼は、若い頃から自分の容姿を変えることを夢見ており、小さな修正手術から始めて、メスの味を覚えていきました。このように、多くの人にとっては苦痛でしかないことが、ロドリゴにとっては本当の中毒になってしまったのです。

何よりも衝撃的なのは、ロドリゴが現在40歳以下であること、つまり、若くしてこれらの変身を遂げたということです。これからの人生の数年間、彼は外見を変え続けていくのだろうか。その質問に答えることはできませんが、この整形外科のアイコンの軌跡についてもう少し知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

Advertisements
Advertisements